すきま日和。

駄(絵)日記です。 コメント大歓迎です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

島根は鳥取の左側。  

どうもどうもお久しぶりでございます。
親と弟と共に島根の出雲へ行ってまいりました。
60年に一度の大遷宮というのと旧暦の神無月(神様が集まる出雲では神在月)ということで、前々から親と行きたいねーっと言っていたので´ω`
車で日帰りで行って超疲れましたw
帰りほとんど寝てて全部親に運転させてしまったw_(:3」∠)_
行きはウチも3時間くらい高速運転したのですが(出発が3時)濃霧で50キロ制限ですごく神経すり減りましたw
朝早くから行ったのとおしゃれしようと思って薄着だったのでめちゃくちゃ寒かった><うひー

RIMG2106.jpg
↑*画像クリックでアルバムに飛びます*↑
アルバムという機能を初めて使った(((

写真がたくさんあるのでまとめました。
順番的には『出雲大社→大社周辺(土産通り、お蕎麦、駅)→旧大社駅→出西窯→松江城』です。
他にもオススメされてたところ、行けなかったのでいずれリベンジしたいです。

写真についてざっとコメントしていきます。
思ったより長くなったので追記にて。
疲れた、、卒制の為にもちゃんと睡眠を、、(・ω・;)
ではノシ
***

大社の注連縄は実物を見ると想像より小さかったです。
縁結び(職的な意味でもリア充的な意味でも来年度からの新生活的な意味でもね、、)のお守りとおみくじを買いました。
おみくじは吉とかそういうの書いてなくて御言葉だけだったのですがだいたいは良いこと書いてました。
お土産通りでは写真にもあるサーロインおにぎりと、おふく焼き、割子蕎麦を食べました。
サーロインおにぎりくssっそうまかった(*´-`)
お蕎麦はうどん一筋のウチにとって人生3度目くらいだったのですが、美味しかったです!
蕎麦湯というものを初めて飲みました(*‘ω‘ *)
因幡のうさぎのおかげ(?)かうさぎさんがいたるところにあってかなり俺得で見つけるたびにうさぎうさぎ言ってましたw
ステンドグラスがあるのが駅の中で光が下に映って綺麗でした。
線路にRAILWAYSの電車が置いてあって、観てないけど中に入って運転席に座ったりしました。

JRの旧大社駅。今は使われていないのですがとっても素敵な建物でした。
城の天守閣かと思うような立派な瓦屋根と白塗りの壁がまた素敵。
中は木造で古風ながら造りはどこか洋風、、、天井からぶら下がるライトがいい味出してます。
ホームの鉄板にもうさぎさん(*‘ω‘ *)うひょー
機関車も置いてました。

次は車から撮った宍道湖。
県立美術館のうさぎの像見たかったんですが行けなかったので是非とももう一度><

その次は出西窯という陶器の窯処のお店です。
黒や白も昔からあったけれど全体を青で塗ったものが珍しいらしく出西窯の特徴と言われるようです。
とても綺麗な青でした´ω`*
買ったらお茶を好きなカップで一杯頂けました。
くぅーウチにもっとお金があれば普段から素敵な食器で素敵な食事やティータイムが出来るのに◝( ;▿; )◜
いずれはそういう生活が出来るようになりたいですね。
金魚可愛かった´ω`

道の駅に売られていた葉牡丹を仲間意識で撮影()

帰り道で寄れそうだということで松江城(別名:千鳥城)にも行ってきました。
時間が夕方でお城の中には入れなかったのですが、立派なお城でした*´▽`*
お城好きだけどあんまり見に行ったりしないから見るとテンション上がりますねw
載せても良いのかわからなかったので載せてませんが、甲冑を付けて古風にしゃべるおじさんがいてキメ顔の写真も撮らせてもらいましたw
鎧いいなぁカッコイイ´ω`*十二単とか着てみたいなぁ。。
夕日に映ゆる天守閣。

***

もっと簡単にするつもりが思い出しながらつらつら書いたら結構長く、、w
島根は楽しかったです!また行きたいです´ω`
いたるところのお土産コーナーにしまねっこと鷹の爪団の吉田くんがいて癒されたw
卒制がやばいということで半日移動で帰省して日帰りで島根行って次の日朝から半日かけてアパートに戻ってきたのでもうボロボロです('、3_ヽ)_

おやすみなさいー(:3[▓▓]

category: コメント返信

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://habotann423.blog49.fc2.com/tb.php/463-eb4c3fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。